一般転職

3ヶ月の転職活動で転職したい人に読んでほしい!転職を成功させる事前準備とポイント

更新日:




【投稿日:2020年2月16日】

転職活動にかかる期間は人それぞれ。これから転職活動を始める方の中には、「転職にどれくらいの期間がかかるのか?」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。

 

「いまの会社を辞めてから、しっかり転職活動に専念。集中したい!」「退職してもすぐに次の会社が決まるはず…自分なら大丈夫!」と思って会社を辞めてしまった人も少なくないはず。

 

でも、実際は転職活動してもなかなか内定をもらえないというケースも多いはず。ブランク(離職期間)が長くなってしまった求職者の皆さんに、転職活動を見直して内定を勝ち取るコツやポイントをお届けします!

 

また、転職にかかる期間と事前準備のポイント、スケジューリングの目安などご紹介していきます。


3ヶ月の転職活動で転職したい人に読んでほしい!転職を成功させる事前準備とポイント

離職後の転職活動では、時間があり過ぎるために、かえってスケジュール管理が難しくなってしまう場合があります。また、転職先を選ぶ際にも、多数の企業を検討しているうちに、どこを選んだら良いのか分からなくなってしまったという人もいるでしょう。

 

しかし、転職活動を長引かせないためには、期限を区切ってスケジュールを立てることが非常に大切です。「○月◯日までに転職する」という明確な目標を立てることによって、その間に自分がやるべきことがハッキリ見えてくるはず。

 

転職活動が中だるみしてきたら、お金の管理と共に、一度スケジュールを仕切り直して、戦略を見直してみるのもいいでしょう。

転職活動の平均的な期間を把握しておこう「3ヶ月〜4ヶ月」

希望条件にもよりますが、転職活動にかける目安は「3カ月から4ヶ月」と言われています。

 

実際に転職活動をはじめてから入社するまでの期間は3ヶ月〜4ヶ月が多いというデータが出ています。

 

半年から1年かかるというケースが最も多いのですが、あまりに期間が長引くと、お金の面でも厳しくなりますし、転職活動のストレスとプレッシャー、または暇な時間に逆にストレスを感じる場合が多いので、3ヶ月を目安にしてほしいです。

 

期間とともに、転職活動をどのように進めるかも重要なポイントとなります。「今すぐ辞めたい」と思っていても、転職活動が長引く可能性を考慮し、退職時期は冷静に決めましょう。

 

転職を考え出した時、入社はいつごろを目安にするか? が大切です。「わたしは1ヶ月で転職するんだ!」という方もいらっしゃいますが、あまり現実的ではありません。

 

最低でも早くて3ヶ月後を目安にしてスケジューリングしていくのがベターでしょう。

 

長くても半年以内に終わらせる覚悟を決めて臨んでください。

 

そうすれば企業側も転職エージェント側も本気になり、結果的に自分のためになるからです。覚悟が決まらないのであれば、今は転職の時期ではありません。

 

今の仕事に本気で打ち込み、自分の市場価値を高める期間に充てたほうが、きっとあなたのためになるでしょう。

在職中に転職活動するか、退職後に転職活動するか?について

リクナビNEXTが転職成功者に向けて行ったアンケート調査によると、「会社に在籍しながら転職活動を行った」という方は60%以上、「会社を退職してから転職活動した」と回答した方は35%未満と、仕事を続けながら転職活動を行った方の方が多いようです。

 

会社を辞めてから転職活動を始めた場合、面接などの時間の自由が効くかわりに、金銭面や長期化への焦りから十分に企業を吟味することなく決めてしまい、転職後に後悔してしまうことも。

 

また、面接で空白期間の理由を求められることも多くなり、企業によっては「働く意欲が低いのでは」「企業から評価されない理由があるのでは」といったようなネガティブな印象を与える可能性があります。

 

一方、仕事を続けながら転職活動をする場合は、当然ながら転職活動にかける時間の捻出や、面接の日程調整に苦労するケースが多いようです。

 

在籍中の転職活動も退職後の転職活動もそれぞれメリット・デメリットがあるため、置かれている状況を考慮し慎重に決めるようにしましょう。

まずは転職エージェントに登録して内定を勝ち取る

期間を決めて転職を決めたいと考えている方は、転職エージェントを利用することがオススメです。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

 

転職エージェントに登録することにより、客観的に自分に適した職を探すことができます。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。また、あまりに自分のキャリアプランとかけ離れた提案をされてしまうこともあります。

 

自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

インターネットで何かを購入するときや実際に足を運んで買い物に行く時、食事に行くときなど、口コミサイトを見て決めることって最近では当たり前になっています。

 

転職活動も同じで、自分がこれから入社するかもしれない企業について求人情報に掲載されている内容だけでなく、企業の実情や職場環境、リアルな情報といった評判や口コミを事前に調べることで、入社後のイメージがわき、自身のこれからの大切なキャリアプランにも反映させやすいですよね。

 

転職エージェントのキャリコネでは多数の転職サイトを一括で登録することができますので転職サイトやエージェントをいくつか掛け持ちで登録しようと思っている方は手間も時間も省けますので、キャリコネからの登録をおすすめします。

【キャリコネ】に登録する

🔻キャリコネに関する記事はこちらです。

無料登録しておかないと損をする!!転職はキャリコネで成功させよう!!

3ヶ月で転職活動を完遂するためのスケジュールを組む

情報収集・自己分析→履歴書の作成→求人検索→応募→面接。このような流れが一般的です。

 

「情報収集・自己分析(1ヶ月)」「書類作成・応募(1カ月)」「内定、退職(1カ月)」が、大まかなスケジュールになります。

企業の情報収集・自己分析(1ヶ月)

転職を決意し、スケジュールを立てたら、最初に行うべきことはやはり「自己分析」です。

  • 退職を決意した理由は何か?
  • 転職で何を実現したいか?
  • 他社に転職し、自分が強みを発揮できる場所はどういう分野か?

など、これらのポイントを徹底的に自分自身を分析します。

 

最初の2週間はこれからの転職活動の方向性を決める「事前準備」の時期です。まずは2つのことを十分に確認します。

 

1つは「自分のキャリアの強み」です。身につけたスキル、成功事例、数値で表せる実績などです。

 

2つ目は、「転職の目的」です。仕事のやりがい、年収アップ、残業を減らす…など、何を解決・改善するために転職するのか、はっきりと意識しておきます。

 

一般的な転職では、この過程に1ヶ月程度の期間が必要になります。しかし、人によっては「すでに自分の気持ちの整理もつき、分析できている」という人もいるでしょうし、ただし、ここに数ヶ月もかける必要な間違いなくないので、遅くても1ヶ月で自己分析を完了させましょう。

 

それに平行して行なっていきたいのが、企業の情報収集です。

 

業界研究・企業研究では、業界のトレンド、採用ニーズの変化、どのような業種の会社があるかなどを徹底的に調べ、自分が最も活躍しやすい会社や、自分のようなタイプのクリエイターを必要とする会社をピックアップします。

 

まず最初に転職エージェントに登録しておくのも手です。もちろん最寄りのハローワークでも転職活動ができますが、時代は移り変わっていくもの。

 

いまでは転職エージェントというものが主流になっています。こういったものを利用して内定を勝ち取っていく力が重要になってきます。

書類作成・求人応募・書類選考に費やす期間(1ヶ月)

自己分析を行い、業界研究・企業研究によって、自分が応募したい会社が数社に絞り込めてきたら、いよいよ履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成します。

 

履歴書や職務経歴書などは、提出する会社に最適化する必要があります。例えば、志望動機などは同業種であっても会社ごとに内容を変えて書く必要があるため、1つの書類を複写して使い回すといったことは絶対にやめましょう。採用担当者は採用のプロです。一発でその横着さ、横流しを見抜きます。

 

応募書類に書いた内容は、面接に進んだ際に、採用担当者や役員などから質問されることと密接な関係があります。整合性があり、採用に対する誠意と熱意がしっかり伝わる内容にまとめましょう。

 

書類を作成し、応募してから書類選考に合格して面接に進むまで、1か月程度の期間を目安としておけばよいでしょう。

面接を経て内定を勝ち取り、退職へ(1ヶ月)

一般的な面接では、一次面接・二次面接を経て内定に進みます。順調に進んだとして、内定をもらうまでに1ヶ月程度はかかるでしょう。

 

ただし、面接を何回行うかは会社によって様々で、3回、4回と面接を行う場合もあれば、最初から役員面接で即決という会社もあります。

 

そして仕事を続けながら転職活動をしている方は、今の会社に退職する旨を伝えます。

 

一般には退職1カ月前を目安に直属の上司に伝えますが、各社の就業規則でルールが決まっていることが多いので転職活動の早い時期に確認しておきます。

 

今の自分の業務の後任者を決めてもらい、引き継ぎを行います。後任者が決まらないなどで退職交渉がスムーズにいかない場合、業務内容をマニュアルにまとめて、いったん上司に業務を引き継いでおくといった対策をとります。間違っても転職先の入社日を変更することのないようにしましょう。


まとめ:3ヶ月の転職活動で転職したい人に読んでほしい!転職を成功させる事前準備とポイント

いかがでしたでしょうか。

 

繰り返しになりますが、以上より、転職活動を行う場合は3ヶ月程度を見込んでおくといいでしょう。もちろん、個人の状況によって前後することはあります。

 

特に、各選考における結果が出るまでの期間は、転職希望者側がコントロールできる部分ではありません。面接の選考結果が出るまでは通常1週間程度を要しますので、選考過程の多い企業を志望している場合は、注意が必要です。

 

そのため、転職活動の期間については最低でも3ヶ月程度を見込んだ上で、多少の延長についても対応できるように計画を立てておくことをおすすめします。

 

🔻おすすめの転職エージェントトップ5はこちらをご覧ください。

転職におすすめの転職エージェント(サイト)トップ5【これだけは登録しておこう】

🔻IT、WEB系の転職におすすめの転職エージェントはこちらです。

【無料簡単】IT、WEB系の転職や新卒におすすめの転職エージェント5選【エンジニアになる】

 


-一般転職
-,

Copyright© 転職・働き方・就職 navi かっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.