一般転職

【必勝】転職がうまくいかない場合の理由と成功のためのアドバイス

更新日:




【投稿日:2020年2月5日】

転職活動を始めたものの、不採用が続き、気持ちも落ち込んできた…。そんな時には焦らずに一度立ち止まって、これまでの転職活動を振り返ってみましょう。

 

なぜうまくいかないのか?原因はどこにあるのか?

 

一度ゆっくりこの辺を自己分析してみると良いでしょう。

 

不採用になってしまったからといって、ズルズルと負のスパイラルに落ちていかないよう、今一度冷静に見つめ直してみては。


転職がうまくいかない理由があるはず|まずはそこを分析しよう

ではどうして転職活動をはじめたものの、うまくいかないのか?

 

その理由を探り、分析してみるとしましょう。

転職がうまくいかない理由①転職の理由が明確でない

この「そもそも転職しようと思った理由がなんなのか?」

 

ここの部分が明確でないケースが多い。

 

•「給料が少なくて割に合っていない。」

•「上司が嫌い」

•「今の会社の体制や人事に不満がある」

 

「ど正直」にこのような事は面接官に対して言う事は難しいですよね。

 

面接官にこの人は理由と志望動機が明確ではないな。と思われてしまうと、採用は厳しくなってきます。

 

面接には印象が大きく作用してくるので、一つのふんわりとした印象が大きく影響し、不採用となってしまいます。

 

「この人はなんとなくウチを選んだんだろうな」

•「どうせウチに来てもすぐに辞めるだろうな」

 

という具合になりがちです。

転職がうまくいかない理由②自分本位に面接で質問しはじめる

例えば、

•「営業はやりたくない」

•「給料は〇〇円以上が良い」

•「複利厚生がしっかりしているかどうか」

 

など、これらの質問は確かに重要な項目ではあるが、わざわざ面接で言うべき事なのか?をしっかりと考えて発言した方が良いですね。

 

そもそもこれらの質問は、面接に来る前に事前に調べれば分かるポイントなのではないかと思いますし、逆にあなたのセールスポイントをアピールした方がお得ですよね。

 

なぜなら企業にとっては、あなたという商品を選ぶ立場なのですから。

転職がうまくいかない理由③転職先への理想が高すぎる

転職をする際に、もちろん以前に働いていた職場よりも良い職場で働きたいという気持ちは必要である。

 

しかし、あまりに自分の能力値以上の給料や仕事を貰おうをすると、それなりの高い能力と責任が必要とされ、激務であったりと、転職側にもそれなりの対価を差し出さなければなりません。

 

自分の能力値以上のものを求めて転職活動をしても、どこか気持ちが尻込みしてしまい、面接館に本気の気持ちがないことを見破られてしまい、うまくいかない場合がほとんどです。

転職がうまくいかない理由④大手企業や有名企業ばかりに応募している

先ほど紹介したうまくいかない理由にも共通していますが、人気のある企業というものは、それだけでブランド力があり多くの志望者が集まるわけですから、必然的に採用率が上がっていきます。

 

自ら大手企業や有名企業にのみに焦点を絞って応募ばかりしてしますことで、転職がうまくいかないという結果を生んでいるのかもしれません。

 

ターゲットを絞ってしまい、うまくいかないのであれば、業種や職種に拘りすぎずに、視野を広げてみてもう少し広く転職先を探してみるのも良いでしょう。

転職がうまくいかない理由⑤自己分析が甘い

書類審査、あるいは面接時に採用担当者を納得させるには、しっかりした具体的な転職理由や今度のキャリアプランなどを伝えることが大切です。

 

いま自分が持っている「武器」を明確に伝え、セールスポイントをいつ聞かれても答えられるように整理しておくことです。

 

例えば以下です。

•「前職ではどのような仕事をしてきたか」

•「どのような経験をし、どのような技能を身につけてきたか」

•「どのようなスキルに自身があるか」

•「入社したら自分のスキルをどこに活かせることができるか」

 

などをあらかじめ具体的にピックアップしておくことが必須です。

転職がうまくいかない理由⑥転職希望先の各業界や企業研究が甘すぎる

それぞれの業界や企業研究が甘いために、転職活動がうまくいかないことも考えられます。

 

自分が転職を希望するその業界が、どのような商品やサービスを取り扱っているのか、主な顧客はどのようなものなのかといった特徴を調べ、理解を深めましょう。

 

転職先の企業がどんな人材を求めて求人を出しているのか、募集の背景を考え、企業側が本当に求めている人材は何かを見極めた上で、自分のスキルや経験・アピールポイントをそれに沿って伝えられるよう整理しておきます。

 

業界の実情や企業のニーズをしっかりと掴むことで、転職後のミスマッチを事前に防ぐことにもつながります。

転職がうまくいかない理由⑦書類や面接対策ができていない

履歴書や職務経歴書などの応募書類の不備によって、書類審査すら通らないというケースもよくあります。

 

応募書類を提出する際には、必ず誤字脱字や写真の未添付がないか、書類のそれぞれの記入欄に空欄が目立っていないかを確認しましょう。

 

面接の練習も欠かさず行ってから面接に臨みましょう。

 

ほとんどの方が、面接官を目の前にすると緊張してしまい、自分をうまく自己アピールすることができないものです。

 

事前に想定される質問を考え、しっかりとシミュレーションするなどの事前準備をしておきましょう。

転職がうまくいかない理由⑧過度に落ち込んでしまい、やる気が出ない

転職活動中は、メンタルの維持が難しいと言われています。と同時にその部分がしっかりカバーできれば転職活動にも当然有利に働くということになります。

 

転職活動を行った方々から口を揃えて出てくる言葉が、「メンタルの安定を保つのが1番難しかった」というもの。

 

この意見が圧倒的に1位です。

 

誰でも不採用通知が来ると自分を否定された気分になり、落ち込んでしまうとは思いますが、その姿を引きずったまま面接に挑んでも、面接官に「覇気がなくて元気がないな…」という印象を与え、採用は厳しいものとなってしまうでしょう。

転職に成功するためのアドバイス

それでは逆に転職活動がうまくいく人の特徴とはなんなのか?

 

これはズバリ、上記で紹介した項目の真逆をすんなりとこなせる人です。

 

しっかり深掘りしていきます。

なぜあの人たちは転職がうまくいったのか?

すんなりと自分の希望に近い、または希望通りに転職を成功させたあの人たちは自分とどう違うのか?

 

ここをしっかり分析して臨むべきです。

 

やみくもに企業の数だけ当たっていては、結局望んでいない企業に転職してしまったり、あとで後悔してしまうことになってしまいかねません。

うまくいかなかった理由を徹底的に振り返り、分析する

なぜこれまでの転職活動がうまくいっていないのか?

 

足りていないものはなんなのか?をメモに書き出してみて、徹底的に分析する。

 

もし自分では何が悪いのかわからなければ、第3者の意見を聞くことで自分では気付けなかった悪い点を理解できます。

 

理由を分析し、改善していっているのなら、転職活動は立派に前進していっているんです。

あなたが最終的に望む企業に採用されるべく、強く採用されるイメージをしながら、上記で挙げた「うまくいかない理由」に当てはまっていないかをよく分析→改善を繰り返しながら、一歩づつ前進していきましょう。

転職には大きな忍耐力が必要

転職は、活動中には時間がある分、ストレスが大きく降りかかります。

 

不採用通知が続いた場合や、両親からのプレッシャーや妻や子どもなど家族からのプレッシャーなど、様々なストレスが大きなものとなって押し寄せてきます。

 

そこに押しつぶされてしまうことなく、多少の気分転換や強い忍耐力も必要となるのは事実です。

 

自分に負荷を掛けすぎずに、1つずつ改善すべき点や、やるべきことを明確にしてクリアしていき、採用→転職成功を目指していきましょう。

転職を理由に退職する場合は転職エージェントの利用がおすすめ

転職活動を成功させる、転職がうまくいかない、何度も不採用が続いているという人に転職のアドバイスです。

 

転職活動を効率よく成功させたいなら、まずはいくつかの転職エージェントに登録しておくこと。

【転職エージェントとは?】

転職エージェントサイトに無料登録をして、自分の希望する転職条件を伝えると専門のエージェントが企業とマッチングしてくれるサービス。紹介、面接のセッティングや給与の交渉などのサポートをしてくれる。

無料登録をするだけで担当のエージェントがつき、転職活動に関する色々な相談に乗ってくれます。

 

企業の情報から希望企業に在籍していた社員の口コミまで、転職活動する上で大切な情報が詰まっています。

 

おすすめの転職エージェントを2つ紹介しておきます。

アイデムスマートエージェント

転職会議リブセンス

これらの転職エージェントの詳しい情報の記事はこちら。

【簡単】転職活動が苦手な人に読んでほしい!アイデムスマートエージェントにまずは登録!

【最強】ここに決めておけ!!転職会議エージェントのリブセンスに登録しておこう!



まとめ:転職がうまくいかない場合の理由と成功するためのアドバイス

いかがでしたか?

 

今回の記事を読んで、改善してやるべきことが明確になってきたことと思います。

 

転職をしたい気持ちがあるのであればなるべく早く動くことが大切です。

 

いまから転職を考えている方も、「もっと色んな経験をしてみたい」や「長く続けられるようなところを探したい」などの気持ちを抱きながらも、ズルズルと現状に依存してしまっているとあっという間に年をとってしまい、後悔してしまいます。

 

求人の中には年齢制限を設けているものもあるので、いざ行動を起こしてみたときにはすでに手遅れになってしまう場合もあります。

 

「あの時にやっておけばよかった」と後悔する前に、積極的に行動してみましょう。

🔻1分で終わる簡単無料登録はこちら。転職ナビ

転職ナビ

 

🔻最適な転職活動の時期についての記事はこちら

【必読】いつから転職活動をすればいいか分からない人は必見!最適な転職活動の時期とは?

 

🔻転職におすすめの転職エージェント(サイト)トップ5はこちら

転職におすすめの転職エージェント(サイト)トップ5【これだけは登録しておこう】

🔻IT、WEB系の転職におすすめの転職エージェントはこちらです。

【無料簡単】IT、WEB系の転職や新卒におすすめの転職エージェント5選【エンジニアになる】

 



-一般転職
-, ,

Copyright© 転職・働き方・就職 navi かっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.