一般転職

【必読】いつから転職活動をすればいいか分からない人は必見!最適な転職活動の時期とは?

更新日:




【投稿日:2020年2月6日】

「転職活動をいつ・どのタイミングではじめようか…」

 

いま現在、現職で働きながらにして転職を考えている方は、転職活動と現職を兼業しながらの「転職タイミング」は悩みますよね。

 

このことはいま現職を持っておらず、転職活動に専念し集中している方にも、気になるところだと思います。

 

もしも転職活動に有利な時期があるとしたら、知りたいですよね?


転職活動に有利な時期を抑えておこう

では、本当に転職活動に有利な時期というものは存在するのだろうか?

 

転職活動はいつから行うと有利に働くのか知りたくはないですか?

年間で企業の採用ニーズが高まる時期を抑えよ【転職に最適な時期】

結論から先に言いましょう。

 

1年を通じて見てみたときに、一般的には3月〜4月と9月〜10月に新規求人が増えます。

 

年間で2回、転職活動に良い時期があるということですね。

 

なぜこの時期に採用ニーズが高まるのかというと、年度切り替えに伴う退職者の後任の補充や、新規事業のスタートなどがあり、中途採用のニーズが高まるとういのが理由です。

 

これにより、応募先選びの選択肢は増えるものの、その反面で、転職者も同時に増加傾向をなります。そのためライバルとの競争が激しくなると思えば、必ずしも有利ではないかもしれません。

転職活動に必要な期間は2〜3ヶ月。きちんとタイミングを測ろう

転職活動の開始から内定までに必要と言われている期間は平均で2〜3ヶ月と言われています。

 

今回のデータから明らかになったように、転職活動のピークは4月と10月。それに向けて逆算して動き出すタイミングを把握しておきましょう。

 

つまり、1〜2月と7〜8月くらいからは本格的に転職活動(就職活動)を行わなければなりません。そして4月か10月の入社を目指す。

 

そして、ときにはメディアやソースをチェックし、日本の経済市場の動きや求められている職種、職業などの情報を把握しておくのも転職活動を有利に進めて行く上でもちろん重要な要素になりますので、覚えておいてください。

 

転職活動は行き当たりばったりや、勢いでやるものではなく、「計画的」に行わなければ絶対に良い結果・満足のいく企業には入社できません。

年代別でみる転職時期を決めるポイント【参考程度に】

では次に20代、30代、40代別で転職時期を決めるポイントを解説していきます。

20代の転職時期を決めるポイントとは

まだ社会人キャリアの浅い応募者は、「第2新卒」と見なされるか「フリーター」と見なされるかで選考に影響するもの。

 

職歴がアルバイトや派遣だけなら、志望業界の選考の傾向をチェック。場合によっては、ある程度の勤続実績(最低3年)を積むまで待つほうが有利に運ぶ例もあります。

30代の転職時期を決めるポイントとは

即戦力を求める中途採用ニーズは欠員募集が多い。欠員募集は明確な発生時期はもちろん不明です。

 

まず自分なりの転職スケジュールを立てたら、いつでも応募できる態勢を整えておくことが大切です。そのうえで、求人をこまめにチェックして、希望の募集があれば即応募。チャンスを逃さないようにしましょう。

40代の転職時期を決めるポイントとは

自己都合退職の場合は、雇用保険の加入期間が9年11カ月間であるのと10年間あるのとでは、失業手当をもらえる期間に30日間の格差が生じます。40代であれば勤続期間が多く、10年を超えているケースがほとんどでしょう。

 

また、社長や店長などのマネジメント職志望など、転職後のキャリアに明確なビジョンを持っている場合は、志望分野の企業の内情に詳しい専門家と相談しながらタイミングを図ることも手段の1つです。

転職の時期がわかればそこに一球入魂せよ。時期を3ヶ月と定め、転職を決めよう

採用ニーズがどこに集中するのかは分かったはず。

 

となれば、転職の時期を3ヶ月と定め、一球入魂。全力で転職活動を行なっていきましょう。

 

人というものは目標を長引かせれば、集中力が落ちたり、無意識に手を抜いてしまうもの。例えば、はじめから転職活動を3ヶ月から6ヶ月に引き伸ばし、やっていくとしましょう。

 

すると、「6ヶ月もあるし、のんびりできる。」と自分でラインを引いてしまい、無意識のうちに楽をしてしまいます。

 

3ヶ月という期間であれば毎日でも転職のことを考えて真剣に取り組める。

在職中に転職活動を行う場合は先に3ヶ月後の退職日を決定する

理想的なのは3ヶ月後の退職日を決定し、会社公認で転職活動をするというスタイル。有給消化などの期間を有効に使いつつ、引き継ぎをしながら次の職を探すというものである。

 

しかしながらこういったケースは稀であろう。なかなか会社にこういう状況を作ることを話せる勇気ある人は少ないであろう。

 

会社がこういった状況を作り出すのを許してくれそうにない場合は、会社に公表せずに転職活動を行うしかないでしょう。むしろこちらのケースがほとんどで一般的でしょう。

 

「自分の性格上、転職活動と引き継ぎを両立できない」という場合は、退職してから転職活動に力を入れるというのも手です。

3カ月以内には転職先を決定するという強い意思を持つ

先でも述べたが、退職後の転職活動おいて大切なことがある。

 

それは3カ月以内には転職先を決定するという強い意思を持つということ。転職活動は、応募から面接数回を経て合否の結果が出るまでおよそ3ヶ月。その3カ月で数社を受け、その中で決定するのが理想である。

 

転職までが長引きすぎると、企業側への印象が悪くなる可能性も高まる。本人にも焦りが生まれてきて、冷静な判断ができなくなるなど、転職活動に悪影響が出てくる恐れもある。

やっぱりお勧めは在職中の転職活動

ハローワークを利用する際には離職票が必要になることからも分かる通り、国が用意しているセーフティネット(退職金)の仕組みは、基本的に「すでに退職した人」向けのものになっています。

 

しかし、転職活動を成功させるという目的から考えた場合、やはり転職活動は在職中に完了させておくことを強くおすすめします。

 

なぜならやはり企業から見た場合、在職中の人と離職中の人は、捉え方が大きく異なります。履歴書で直近の職歴をチェックしたときにも、「元〇〇」という扱いになってしまい、在職中の人と比べるとどうしても印象が悪くなってしまいます。

 

これらの理由からも、「よほどの理由がない限り、転職活動は在職中に完了させる」のが原則と考えましょう。

転職エージェントに登録する

転職活動をすすめていく中で、

転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

転職エージェントを活用すると、1人ではできない面接対策や希望企業との面接マッチング、転職のスケジューリングなどを無料で行ってもらえます。

 

具体的な面接対策内容は以下の通りです。

【転職エージェントの面接対策】

•1対1面談:30分〜1時間程度

•面接対策セミナー:2時間程度の講義形式

以上のサービスを無料で受けられるため、登録しておくと良いでしょう。

 

興味がある人はおすすめの転職エージェントを次項で紹介しておきます。

あなたの転職活動を応援してくれる大手転職エージェント2選

おすすめはウズキャリアイデムスマートエージェントです。

 

これらの転職エージェントを詳しく解説している記事はこちらです。

ウズキャリ第二新卒/ウズキャリ既卒

アイデムスマートエージェント



まとめ:いつから転職活動をすればいいか分からない人は必見!最適な転職活動の時期とは?

いかがでしたか?

 

今回は転職活動の時期やタイミング、理想的な転職活動の期間について解説してまいりました。

 

転職にベストの時期とタイミングは3〜4月と9〜10月。ちょうど半年のスパンで転職にベストな時期がありますので、いつにすれば良いか迷っておられるのならお伝えしたスケジュールで転職活動を進めてみて下さい。

転職ナビ

 

🔻おすすめの転職エージェント(サイト)のランキングトップ5はこちらです。

転職におすすめの転職エージェント(サイト)トップ5【これだけは登録しておこう】

🔻IT、WEB系の転職におすすめの転職エージェントはこちらです。

【無料簡単】IT、WEB系の転職や新卒におすすめの転職エージェント5選【エンジニアになる】


 

-一般転職
-,

Copyright© 転職・働き方・就職 navi かっちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.